ラポールで加速成功する訳

ラポールがあれば、自分の欲しいものを手に入れやすくなるのはご存知ですか?

ラポールの状態は、人と一緒にいるときに、自然に現れています。

仲の良い友人を例に挙げてみましょう。
行動、タイミングが合う時がないですか?
飲み物を手に取り、飲んで、置くまで。
会話の始まりが被ったり。
まさにラポールが取れてる形がそれなのです。

お金持ちになる成功者は、有能なコミュニケーターであることが多いですよね。

コミュニケーションを通じて
様々なアウトカムを達成して成功していきます。

成功するのに必要なラポールがある場合は、
コミュニケーションのアウトカムに向かって進み
スピード成功出来ます。

有能なコミュニケーターがやっている結果を生み出す『違いを生む違い』

そういったことをモデリングし、誰でも有効なコミュニケーターになる為に
NLPを学ぶことで、
コミュニケーションの目的を達成する為に、ラポール状態を意図的に作ることができます。

ラポールとは、波長が合う、ウマが合うという状態だとイメージして下さい。
ラポールの状態は、ペーシングにより作りだせます。

ペーシングとは、相手とペースを合わせることです。
ラポール状態を作り
維持するのは
リーディングをする土台となります。

リーディングとは
ゴールへ相手をリードしていくことです。

NLPは、エクセレンス(卓越)
をモデリングするものと言われています。

卓越したパフォーマンスの『違いを生む違い』をモデリングすることで、スピード成功することが可能になります。

ほとんどの共通点として、コミュニケーションのハイパフォーマーが行うリーディングには、ラポールを作ることがあると考えられます。

ラポールを作ることを誰もが再現できるレシピがあれば、
誰でもスピード成功できるのです。

NLPを学び、ペーシングからラポール状態を作り出し、ラポール状態を維持する経験を経験すると良いですね♪

あなたがお金持ちになり、成功者になるのに必要なアウトカムをコミュニケーションで達成していきましょうね!

セールスの達人と呼ばれる人は、大抵ラポールの達人です。

100人にセールスして、1人しか販売を成功しない人もいれば、
30人成功する方も居ます。

これによって、収入に大きな差ができます。

大きな差を生んでいるのは、大抵はラポールを作るスキルです。

良い提案内容や商品、素晴らしいサービスであったとしても、
必ずラポールが必要になってきます。

相手が100人いれば、多種多様で、いろいろな人のタイプがあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NLPでは、学習の5段階という考え方がありまして

各段階を呼びやすいように略称として、表現しています。

■学習の第1段階 無意識的無能力
 そのことを知らないことを認識していない

■学習の第2段階 意識的無能力
 そのことを知っているけど、できない
 このレベルの事を「ギア セカンド」と表現しています。

■学習の第3段階 意識的有能力
 やり方を知っていてできる(意識すればできる)
 このレベルの事を「ギア サード」と表現しています。

■学習の第4段階 無意識的有能力
 考えなくてもできる(無意識でできる)
 このレベルの事を「ギア フォース」と表現しています。

■学習の第5段階
 無意識でできていることを、意識レベルに表出させて人に教えられるレベル
 このレベルの事を「ギア フィフス」と表現しています。

皆さんもスピード成功できるのです。
何が必要なのか、どうやって自分を成功に導いていくのか?
様々な事をトライしていきましょう!

おすすめの記事