リフレーミング

こんにちは、トシです。

今回は最近ニュープロでまた為になった記事を私なりに書きます。

日々さまざまな事が起こりますね?
その起こったことに対して、視点や捉え方が違えばどうなるのかというお話です。

目標を決めそこに向かう最中、躓いたり、良くない事が起こったりってありますよね?

その時の周りの反応が
あなたの成功を邪魔するほうが嬉しいですか?
それとも、あなたの成功を応援してくれるほうが嬉しいですか?

1万回、大丈夫、きっと次はいけるよ、といわれ続けるか
1万回、絶対あなたは次もうまくいかないよ、といわれ続けるか

間違いなく後者の場合は大抵は心が折れてしまい、成功への道は難しくなりますよね?

逆にあなたの成功を後押ししてくれるなら

「よし、あきらめずに次こそは」

と、思う人が多いでしょう。

自分にとってもっとも影響力がある人こそ自分自身ですよね。

物事が起こったときに、自分にどんな気持ち・感情で、どんな言葉をかけるか?

これをコントロールするテクニックとして、
リフレーミングというものがあります。

リフレーミングとは

リフレーミングとは起こった出来事について
フレームを変えてみると、そのとらえ方が変わるという考え方です。

何か出来事が起こった時に、自分でフレームを変えてみると
それに対する気持ちや感情が変化し、自分にかける声も変化します。

例えば、成功に向けて行動を起したものの、予想を下回る結果だった時・・・

「また失敗したなぁ・・・僕はやっぱり出来ない・・・
 何をしてもうまくいかないんだな・・・もう無理かも」

失敗に対する反応が毎回、このようなものであればどうなりますか?

しかし一方で・・・

 よし!今回も良い経験をした。
 この方法やこの経験値で行っても、結果はこうなるのか。
 では、自分の思った結果を手にするには、やり方を変えるか?
 それとも誰かに手伝ってもらうか?
 まあ、とにかく次行こう

周りから見れば失敗と表現される現象を目の前にした反応が
このような人は、毎日このような姿勢で進めばどうなるでしょうか?

予想していたことを下回った結果(現象)を目にして
その現象に「失敗」とラベルをつけ「自分はダメ」という言葉かけを自分にする人と
その現象に「経験・練習」というラベルをつけ、成功するために次に何をするか作戦会議を脳内でする人。

今回も失敗だ、私はダメだ、私には向かないと毎回思っていると思考停止するのか、あまり成長をせず、ただ時間が流れていくだけのように感じます。

次はどうすればうまくいくかを考えている人と比べると
例えばスタート地点が同じでも、きっと目標への到達地点、それから目標の高さが変わってくると思います。

だから毎回毎回、失敗だなとネガティブに考えるのは実はとても勿体ない事なんですよね。

上手くいって、成功して、人に褒められて、認められて。

それでいやな気分になる人はあまりいませんよね?

自分を置く環境を変えるのが難しくても
自分の視点や捉え方は変える事が出来る。

起こってしまった現象を変えることはできませんが
それに対する反応はコントロールすることが可能です。

自分自身が自分にとって最大の影響力があるのだから、まずは自分を認めてあげるのってとても大事な事なんですよね。

リフレーミング力をつけて、成功を加速させましょう!

おすすめの記事