アローハ。ハウオリです。

 

皆さんは、ラポールという言葉を聞いたことがありますか?

ラポールとはフランス語で橋を架けるという意味です。

自分と相手の間に、信頼関係を築くことです。

 

 

コーチングであれば、コーチとクライアントの関係性、

コンサルティングをするときであれば、コンサルタントとクライアントの関係性。

2者間での関係性の中で、ラポールが築かれていると、ビジネスがスムーズに

進んだり、商談の成立にとても役立ちます。

 

では、自分とラポールを築くとはどういうことでしょうか?

例えば、あるセミナーに参加します。

その直後は、「よし。私は絶対、インターネットビジネスで成功する!

習ったことを習慣化して、毎日、行動するぞ」と決めます。

しかし、次の日になると、

「今日は疲れているから明日にしよう」と言って、

実行することを後伸ばしにしてしまいます。

こんな経験、誰もがしているのではないでしょうか?

 

成功する人は、成功に向かって着実に一歩一歩進みます。

成功しない人は、成功しない道を一歩一歩進みます。

成功するかしないかは、この差でしかないのです。

 

 

人は変化を危険と捉えて、現状を維持しようとします。

また、人間の脳には成功を望む自分がいたり、私には無理なのかなと思う瞬間もあります。

ある時には、ポジティブな考えが出たり、ネガティブになったりと、いろいろな考えや気持ちを感じることは当たり前です。

 

そこで、重要になってくるのが、自分とのラポールです。

自分とのラポールとは、今までの自分と、成功を手に入れる未来を描く今の自分がラポール状態を作ることです。

今までの自分が変化することに対して、安全だと感じ、変化によるメリットが多いと感じることで、

人は動き出し、上回り続けた時に成功するまで行動し続けることができます。

今までの自分と、未来の自分が、win-winの関係になること。

このwin-winの関係を築くことが成功するためにとても重要になってきます。

 

では、ここで自分と対話してみたいと思います。

未来の自分:新しいインターネットビジネスはどう?

今の自分: う~ん。頑張っているけど、自分が思い描いていたものと、

      少し違うかな。

未来の自分:どんな風に違うと感じているの?

今の自分: すぐに結果に結びつくと思ってたけど、

      なかなか思うようにいかなくて。

未来の自分:もう一度、自分の立てた目標を確認して、

      そのために何をしたらいいか、確認してみたら。

      今、成功している先輩たちもきっと悩みながら、

      努力したんじゃない?

今の自分: そうだね。どんなことも初めから、

      すぐにできる人なんていないもんね。

未来の自分:わからないことがあったら、先輩に聞ける環境にいるんだから。

今の自分:そうだよね。なんか元気出た。ありがとう。

 

こんな感じに、成功を手に入れる未来の自分と今の自分と話してみたら、

今の自分が成功に向かって、一歩一歩進んでいけると思います。

 

こんな素晴らしい環境を手に入れられるのはBMTSだけだと思います。

こちらの無料プレゼントを受け取ってくださいね。

↓ ↓

BMTS

 

 

 

 

おすすめの記事