ニュープロのMPを活用した焦点化による目標設定

どうも、コウ塾のゆうです。

今回は、ニュープロのMPを活用した焦点化による目標設定についてお話ししていきます!

 

MPを活用して上手く目標設定することで、ビジネス活動において成功に活用することができるので、是非参考にしてみてくださいね^^

焦点化とは?

焦点化とは、「一度意識すると意識をしなくても焦点が当たってしまう」という脳の本能的な働きです。

 

例えば、

・町の中で「赤い車」を意識すると、その後意識をしていないのに目が赤い車を追っかけてしまう。
・「この時計がほしい」と思っていると、その時計を付けている人がいると目がいってしまう。

 

ぼくの個人的なもので加えるなら、すごく欲しかった新車を購入した直後から、「あれ?これと同じ車乗っている人ってこんなに多かったっけ?」ってことがありました。

これもまさに焦点化だと思います。多分(笑)

 

つまり一度意識してしまうと、脳が勝手にそのもの(こと)を捉えてしまうんですね。

 

脳が勝手にとらえてしまうなんてなんかすごくないですか?

これを目標設定に活用しちゃいましょう♪

焦点化による目標設定

先ほどの焦点化を、これからたどり着きたい目標にセットすることができれば・・・・

どうなると思います?

なんか考えるだけでワクワクしませんか?

 

つまり、「たどり着きたい目標」に焦点を当てることで、無意識にその目標へと行動が向かってしまうということです。

こんな素晴らしいパワーは使わない手はない!

 

しかし、「目標設定の仕方」について、ちょっと気を付けてほしいことがあるんです。

 

以下、それについて記述しますね。

目的追求型と問題回避型

実は目標設定する際、「目的追求型と問題回避型」の2種類があります。

 

それぞれご紹介すると。。。

目的追求型とは
「こんな風になりたいな」「あんな風になりたいな」といった感じで、「なりたい姿」に焦点が当たっている考え方

具体的には、

「成功したい」
「お金持ちになりたい」
「購入者が欲しい」

などです。

問題回避型とは
「こうなりたくない」「あんな風にはなりたくない」といった感じで、「なりたくない姿」に焦点が当たっている考え方

具体的には、
「お金に困りたくない」
「風邪はひきたくない」
「失敗はしたくない」

などです。

 

前者の目的追求型のほうが目標を達成しそうに感じませんか?

 

後者の問題回避型は、「なりたくない姿」に焦点が当たっている。

つまり、マイナスへ焦点が当たっているので、マイナスへ向かってしまうんです。

 

 

対して目的追求型「なりたい姿」に焦点が当たっている。

つまり、プラスに焦点が当たっているので、プラスへ向かうことができるんです。

 

せっかく焦点化によって目標へ向かうことができるなら、プラスの方向へ進みたいですよね♪

 

まとめ

今回はMPによる焦点化を使った目標設定についてご紹介しました!

 

焦点化のパワーはすごいですので、ぜひ目標を設定するときは思い出してみてくださいね!

そして目標設定の仕方は、プラスに焦点を当ててくださいね!

 

どんどん成功に向かって加速させちゃいましょう♪

 

ちなみに!

>>もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

あなたの成功を後押ししてくれる情報がたくさん詰まっています!

それでは(^^)/

 

 

 

 

おすすめの記事