どもども!
コウさんです♪

僕、あなたに聞きたいことがあるんです。
成功を遠ざけるものって実は身近にあると思います?

ちょっとだけでいいです。
思い返してみてください。

それを踏まえたうえでこのお話しを聞いてくださいね!

あるレストランにて

お友達の集まりがありました。
別の席では商談や接待などがありました。
サービススタッフである僕らはあることに気を付けています。
それは、お客様の会話を聞きながら仕事をすることです。
サービスするうえで凄く重要なことです。

お友達の集まりではたまりにたまったものもあるでしょう。
集まった瞬間から会話が始まります。
ここでお飲み物や食事のメニューを聞く隙もないぐらいです。
愚痴のオンパレードです。
普段自身が大変というのもあります。
ただ、笑い声はあまり聞こえてきません。

商談の席では、会話を交えながら真剣に模索しています。
時に資料を交えながらアイディアを出し合い、これなら行けますね!
と、そのタイミングでお水を注ぎに行ったり、料理のオーダーをとります。

接待の席では
食事やワインを飲みかわしながら
楽しく明るい会話をつないでいます。
過去にあった出来事、これからの展開について話し合いしています。
凄く楽しそうですね。

各々で食事が進み
コーヒータイムになった時気づきます。

どこの組が真っ先にお会計を済ませると思います?

商談のお席です。
会話が弾みながらも迅速に食事を済ませ退散します。
笑顔っていいですよね♪
最後にありがとうといってお帰りになりました。

お次は接待のお席です。
時に僕らも会話に入れてくださることもあります。
笑い話が凄いんですw
こちらのお客様も最後に握手しながらまたよろしくね!
と帰られました。
気分がいいですよね♪

最後はお友達の集まりです。
積もった話はお互いにたくさんあります。
自分たちは凄くお話がしたい。
別のお友達が話しているのに自分の会話を入れます。

そして、閉店時間を過ぎて居るんです。

ここはレストラン
僕たちの方から声をかけることができません。
閉店時間を過ぎた後に帰られるかたは必ずこう言います。

「長居しちゃってごめんなさいね。」
ありがとうも言われません。

どうです?
これって果たして有意義な時間だったのだろうか。
生産性はあった?
お友達の集まりの帰りの時って皆さん共通しているのですが

眉間にしわを寄せて帰るんです。
そして、4時間滞在しますw

時間にして換算しましょう。

商談1時間利用
接待1時間30分利用
お友達の集まり4時間

差が違いすぎますよね。
楽しい会話と楽しくない会話

どっちがいいでしょう?
実はこれって僕らも一緒で成功するかしないかはココにもカギがあるんじゃないかと。
ちょっと不思議に思ったことなので記事にしてみました♪

おすすめの記事