WordPressテーマ Diverの使い方 【簡単】動くマーカーの設置方法

WordPressテーマ Diverでは、動くマーカーが簡単に無料で使えるのが便利で強みですよね。

 

例えば、WordPressテーマ WING affingerでは、動くマーカーを使用したいとなると有料で追加購入する必要があります。(残念(*_*))

 

今回は、「動くマーカー」が簡単に使えるようにする設定を解説します。

 

テキスト編集を効率アップするためにプラグイン「TinyMCE Advanced」を追加すると動くマーカーを挿入するための「スタイル」ボタンが編集画面から無くなるので追加をしていきますね。

WP Diverの「動くマーカー」を挿入する画面

動くマーカーを挿入する画面になります。テキストを選んでこの「スタイル」ボタンから選択するだけで「動くマーカー」が出来ちゃいます。

動くマーカー(黄)

動くマーカー(赤)

動くマーカー(青)

プラグイン「TinyMCE Advanced」の設定画面を開く

プライグイン「TinyMCE Advanced」の設定画面を開きます。

「スタイル」のボタンがありますよね。

プラグイン「TinyMCE Advanced」の設定で「スタイル」を追加

「スタイル」を選択してドラッグアンドドロップで好みの位置に配置します。

そのほか、使用するボタンがあれば、同じようにドラッグアンドドロップにて設置してくださいね。

メニューの「スタイル」が編集画面に追加されます

編集画面を確認してみましょう。「スタイル」ボタンが表示されます。

「スタイル」ボタンをクリックすると「動くマーカー」が選択できます

「スタイル」ボタンをクリックして動くマーカーを選択すると文字装飾完了です。

「スタイル」ボタンをクリック、「動くマーカー」をクリックのたった2アクションのみで完了です。

動くマーカーどうですか?

文字装飾の強調に便利ですよね。

マーカーが動くことでどうしても目線がいきますよね?

まとめ:WordPressテーマ Diverの使い方 【簡単】動くマーカーの設置方法

Diver以外のテーマで複数のサイト構築していますが、Diverは使うたびに新たな発見があります。

引き続き、気づきあれば記事にしていきますので参考になればうれしく思います。

今回はここまでです(^^)

おすすめの記事