BMTSでニュープロを一年間学んで変化、感じたこと『成功するには〇〇が大切』

 

どうもTaka@ポジティブです。

 

ポチくれたら喜びます♪


人気ブログランキング

 

40代サラリーマンパパで本業ではシステムエンジニアをやってます。

 

BMTSに入って、ニューロ言語プログラミングを学び始めて1年間が経過しました。

BMTSってなに? >>

 

その1年間経過したことで自分の考え方、感じたことなど変化があったことについて記事にしてみます。

 

ぶっちゃけ1年前までは成功者は特別な人で自分には縁がないものと諦めてましたね。

 

このままサラリーマンで特に給料も劇的に上がることなく定年を迎えるというのを仕方ないなと。

 

でも今はもうそんな考え方は消滅しました(^^)/

 

成功することに確信が持てたから。

そんな私ですが、始めて数ヶ月はまともに成果も出せず、自分自身のムダに高いプライドと格闘してました。

 

モチベーションも日々ジェットコースターのように上がった次の瞬間にはダダ下がりしたり・・・。

 

そんな私でもやめちゃうことなく、継続できているのはなぜ?

 

それでは本題に入りますね。

 

成功するには環境が大切

何が大きく変わったかと言うと『環境』ですね。

 

会社生活をしてると周りに成功している人なんていません。

 

それってごくごく普通のことですよね。

 

でもこのBMTSに身を置くようになって取り巻く環境が変わりました。

 

というのも、

すでに成功している人がいる、そして先輩方と交流も出来る、ともに成功しようと行動している人が身近にいるので切磋琢磨できる。

 

 BMTSに入ったことで関わる人が以下のようになりました。

✔ 既に成功してる人

✔ これから成功する人

✔ チャレンジ&行動をする人

 

成功は〇〇すれば確実に手に入る

この環境に身を置くことで自分がチャレンジしていくにあたって、モチベーションも維持して継続ができる、またポジティブな雰囲気の中で自分自身が心地よくなれました。

 

成功なんて自分には縁がない、選ばれた人だけという考え方から、今では「成功は行動すれば確実に手に入るもの」と思考が変化しました。

 

そして成功というものについて、自らの「願望レベル」から「確信」に変わりました。

 

ルーティーンでやっていること

✔ オーディオ学習

✔ 練習

✔ データ収集&答え合わせ

✔ 改善&リトライ

の繰り返しですね。

 

一つでも新しいことができるようになったら嬉しいし、挑戦していることで刺激を得られます。

 

とにかく日々トライ&エラーの繰り返しですね。

 

そこには苦痛どころか、ワクワクしかありません。

 

まとめ

よく書籍にも書いてあり、インフルエンサーとかも口にしてますが本当に自分の身を置く『環境』次第で人生が大きく変わります。

 

それを体感できた一年でしたね。

 

まとめるとこんな感じです。

 

✔ 一人じゃない、仲間のいる環境だから頑張って続けられた

✔ 過去の自分をコンプレックスとせず、手を取り合って最強の味方にできた

✔ すでに思考は成功者である、あとは必要な行動量のみ

 

この記事を書いてる間もワクワクが止まりません。

 

『成功したい』という思いがあるなら、まずは成功者のいる『環境』に身を置くことから。

 

 

そこのあなた、「ワクワク過ごせてますか?」

 

もし、現状に満足できてないのであれば、例えば現状と異なる『環境』に身を置いてみるという選択肢も良いかもですね。

 

現場からは以上です(^^)

 

BMTSの公式サイトはこちら >>

 

 

おすすめの記事