苦手、失敗も武器?!イメージ操作でスピード成功!

こんにちはヤスです。

普段仕事をしている中で、やらなきゃ行けないのはわかっているけどこれは苦手なんだよな

何度も失敗している内容だから、次は絶対に失敗したくない

なんて事考えた事はないですか?

僕を含め多くの人が何かしらに苦手な事はあるし、失敗して怒られたりしたくはないですよね?

成功を目指す上でこの苦手意識や失敗がイメージを変えて成功に役立つ事があります。

成功達成に記憶やイメージ変更

成功体験や何かをやり切る気持ちよさを強化その行動をさらに加速する事が出来れば良いですよね。

人の記憶、印象などのイメージを想う浮かべる時

知覚的聴覚的体感覚的な情報と様々な要素を伴い成功のイメージをし自分の中にある成功イメージをいつでも感じれる様にします。

例えば、

聴覚的なら明るさ、色合い、鮮明さ

聴覚的なら音量、音色、リズム、速さ

体感覚なら、強度、重さ、温度、固さ

これらをサブモダリティ(従属要素)と呼び、

成功のスピードを早めたいと思った時、

ゴール設定がしっかりと出来、やる事が明確ならば、さらなる力を引き出してくれます

サブモダリティの変化でスピード成功

サブモダリティに変化を与えていると、イメージの持つ印象が影響を受け、内容によっては実際の行動にも影響が出ます。

一度の成功体験をしたのなら、

その行動を思い浮かべて、成功してるイメージを描き

その行動がうまくいって嬉しくなってる記憶を思い受けべます

その成功体験を味わった事で気分が良くなり、その行動を今すぐやりたい、もっとやりたいと思たら良いですね。

嫌だなと思っている事に対しても、

サブモダリティに明確な成功した時のイメージに焦点をあて、

苦手意識や失敗の体験を軽減することを

想像や頭の中で考えてるだけで、記憶やイメージを操作し成功が加速されるとラッキーですね。

まとめ

苦手意識や失敗からくるネガティブなイメージを軽減でき、

成功に役立つポジティブな行動にもっと力を注げたら

スピード成功に役立つだけではなく、人生ももっと豊かになっていくはずです。

その為にも印象やイメージを変更させてみてください。

最初はうまく出来なくてもポジティブな事に焦点を当てていれば少しずつでも出来るようになってきます。

NLPでは、サブモダリティチェンジのワークの手順が学べます。

もし、詳しいやり方が知りたい、興味があるという方は、

こちらから情報を受け取ってみてください。

ニュープロ

おすすめの記事