【ポジティブ感情】誰でも出来る簡単練習法

こんにちはヤスです。

 

ポチくれたら喜びます♪


ブログライターランキング

ネガティブな感情って治したいと思いますか?

常に最悪な状況を考えてしまって行動出来なかったり、

嫌われたくないという思いから自分から話せなかったりと、

そんなネガティブな感情に抱いている自分が嫌で、

不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

ちょっとした考え方を変えるだけで、そのネガティブな考え方が変わる事が出来るのなら、試してみたいと思いませんか?

今回紹介する方法を使うとその悩みは解決します。

それは「リフレーミング」と言う方法を使います。

リフレーミングとは

では、リフレーミングとは一体なんなのか?

リフレーミングとは、NLP用語のひとつで、

ある物事について考える思考や心象などを

角度を変えて物事を見ることにより、思考や印象を変化させる方法で、

自分自身に使うとポジティブな感情になったり、そう様な物の見方が出来たり、

人とのコミュニケーションの中で使うと交渉ごとが上手くいったり、

協力をしてもらいやすくする事が出来るスキルと言えます。

リフレーミングのメリット

リフレーミングを使って物事の見方を変えるだけで人の良い所に気付く様になり、

相手にお願い事をする時にその人にあった役割や用意をしてあげたり

指示出しなどの声がけもできる様になります。

また、コミュニケーション能力が上がり、

説得力や影響力が上がると言うメリットもあります。

考え方を変えプラスの効果

それではリフレーミングを理解した所で、

次はリフレーミングの練習してみましょう。

リフレーミングには

状況・場面のリフレーミング

内容・意味のリフレーミング

があります。

状況のリフレーミングとは、

自分がマイナスだと思っている状況についてプラスの意味があるという事です。

例えば仕事など自分がとった行動で失敗してしまった時、凹みますよね?

そこはリフレーミングを行い、

「さっきの行動は失敗したな、あの行動はしないほうがいいな、ひとつ勉強になった!」

と失敗した状況を勉強したと

切り替えればモチベーションも上がり次の手も考えられます。

内容のリフレーミングとは、

自分のマイナス点が見方を変えるとプラスの効果があるという事です。

「自分は飽きっぽい性格なんだよね、だから何をしても長続きしなくって」

では、飽きっぽい性格というのは他にどんな意味を持つのでしょうか?

それは、「好奇心が旺盛で見切りが早い」や「次々に興味があることを見つけられる才能がある」

と言い換える事が出来ます。

このようにマイナスだと思っていた事も見方を変えるだけでプラスの意味に変わります。

ワクワク練習法

普段からネガティブな感情や思考になっている人は、

今回紹介したリフレーミングを行う事によってポジティブな考え方に変われます。

それでも、いきなりは無理と思う方は、

ちょっとしたゲーム感覚で短所たど思うことを、長所に変える練習をしてみると、

ワクワクして学べると思います。

例えば

「意志が弱い」→「周りの意見を聞き入れられる」

「優柔不断」→「慎重に物事を考える」

「無口な人」→「人の話をしっかり聞く人」

「せっかち」→「スピード感があり決断力がある」

このように、練習をしていくと自然とプラス思考になって行きます。

本当に楽しく学べるのでおすすめです。

まとめ

今回はネガティブな感情に悩んで方におすすめの改善法、

「リフレーミング」についてお話ししました。

ネガティブなワードをポジティブなワードに変える練習を繰り返し行い

自分の思考を少しずつポジティブな思考に変えられれば

この先の未来はもっと明るく楽しくなります。

是非とも今回紹介したリフレーミングスキルを習得し

明るく楽しい生活を手に入れてくださいね。

僕も学んているiBSAでは、NLPを初めインターネットで成功するための方法を」たくさんの方と学んでいます。

今回紹介したリフレーミングの方法以外にも、人生を変えれるたくさんのスキルが学べます。

すこしでも興味がある方はこちらから情報を受け取ってみて下さい。

NLPに関する情報はこちら

iBSAに関する情報はこちらから

↓                 ↓                  ↓

おすすめの記事