どうもヤスです。

 

ポチくれたら喜びます♪


ブログライターランキング

 

イメージ力ってとても大事ですよね。

よく聞く話がプロのアスリートの方々が行うイメージトレーニング。

目標達成にイメージ力が大事ってご存知でしたか?

 

「V.A.Kの優位感覚」を知ることで、記憶力、脳力、そしてイメージ力アップにつながり

さらにコミュニケーションに必要なラポール力までアップさせる事ができるV.A.Kについて紹介したいと思います。

NLPの代表システム(V.A.Kモデル)とは

人の持つ五感(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)の5つで

VAKモデルでは、3つの代表的モデルに分類する事ができます

3つの代表的モデルは視覚、聴覚、体感覚と言い

英語で表すと

  • 視覚:ビジュアル(Visual)・・・・・・・・V
  • 聴覚:オーディトリー(Auditory)・・・・・A
  • 体感覚:キネススティック(Kinestic)・・・K

それぞれの頭文字をとってVAK言います。

V.A.Kが自分にもたらす効果

人によって右利き、左利きと聞き手があるように

VAKモデルにも、人それぞれ自分の得意とする感覚があり

その感覚を優位感覚とも呼ばれていています。

 

自分の優位感覚を知る事で学習の効率を上げる事ができたり

また、自分の持つ優位感覚と違う感覚表現を使う事で

脳が活性化され、成功に役立つとされています。

 

自分の夢や目標を設定をする時など

頭の中で考え、思い出したり、記憶を呼び出し再現する時に

脳内でのイメージが画像や映像、音声や話し声、触った感触などの感覚が豊かな程、

記憶として残りやすかったり、よりリアリティーを感じたりします

V.A.Kタイプの見分け方

Vのタイプ

視覚優位のタイプなので、映像での判断、映像で記憶するのが得意なタイプで

「答えが見えない」「~のようなイメージ」と言う言語表現をします。

また、身振り手振りを使って表現したり

頭の中にある映像を言語化するタイプなので話が長く早口になる特徴があります。

相手との会話中に「見る」「注目する」「明るい」などの視覚に関する表現の数を調べたり

視覚優位の方に、物事を伝える時には写真やグラフ、パンフレットを見せると伝わりやすく

「見える」「明るい」「はっきりしてる」などの表現を使い

イメージが描けるような会話をすると伝わりやすいです。

Aのタイプ

聴覚優位のタイプなので、耳が敏感で音を記憶したり

言葉が厳密で「会話のリズムが」「仕事のテンポ」と言う表現を良く使います。

音を頭の中でイメージするので視線が左右に動きやすいのも特徴です。

会話中に「聞く」「言う」「静か」など聴覚に関係する表現の数を調べたり

普通に会話をしていても伝わりますが

音を使って情報を伝えると伝わりやすいです。

「パッと」「どーんと」などの擬音や「リズムが合う」のような言葉を使うと伝わりやすいです。

Kのタイプ

感覚重視のタイプなので理論はあまり必要ありません、「こんな感じ」「いい感じ」「嫌な感じ」のように「感じ」と言う言葉を使う傾向があります。

「触る」「握る」「固い」など体感覚に関する表現の数を調べたり

運動しながら物事を考えたり、体を動かすのが好きな人に多い印象です。「感じる」「触れる」のような表現の言葉を使ったり、相手にタッチしたりすると伝わりやすいです。

V.A.Kの活用法

iBSAではコーチングを行うのですが

この時に目標達成をする時にVAKを使い言語化していき

目標達成のイメージをします。

例えば、

Vタイプ

目標達成した時はどんな景色が見えますか?、どのようなものを見た時に達成したと感じますか?

Aタイプ

何が聞こえますか?周りに誰かがいるのなら、どういった内容の評価や言葉を投げかけてくれますか?

Kタイプ

どんな感じがしますか?肌に触れている感触はどんなですか?

 

このような質問を投げかけていくと,脳内で五感を使いイメージする様になり

あたかも現実に達成したような感覚を得られる。

それだけでもワクワクしてきます。

 

相手の優位感覚に合わせて会話をする事でラポールが形成されやすいですし

自分の苦手な感覚を使う機会が増えれば、イメージ力、脳力もアップします。

 

相手の立場に立って脳内イメージをする練習をしていけば

ライティングやセールスのスキルも上がっていくと思います。

まとめ

VAKモデルを使えればイメージ力、脳力アップと自分に役立つことはもちろん

相手との信頼関係を築くラポールにも使え

目的達成をより明確に出来るコーチングにも役立ちます。

 

自分の優位感覚を知り、相手の優位感覚を知る。

 

相手との会話の中でなんか話が噛み合わないなと感じたら

自分の優位感覚と相手の優位感覚が違ってる可能性があります。

 

相手をしっかりと観察して

その優位感覚を使って見る事でコミュニケーション向上にも使えます。

 

五感でしっかり感じてご自身のイメージ力アップにつなげてみてはいかがでしょうか。

 

NLPでは今回紹介した「V.A.Kモデル」のは他にも

人生に役立ち、今の自分を変える方法がたくさんあります。

少しでも興味があれはコチラから情報を受け取ってみて下さい。

⇩    ⇩    ⇩

NLPの情報はコチラから

おすすめの記事