【ラポール】自分で自分を信じて成功へ

どうも、ヤスです。

 

ポチくれたら喜びます♪


ブログライターランキング

 

成功するにあたり、自分の事を信じて進むことは大切です。

 

でも、自分の事を信じる事ができない方、信じきれない方が多いと思います。

NLPでは、ラポールという人と人の信頼関係を築く方法があります。

 

このラポールを自分自身に使い、ペーシングを行い

ラポールをとり、リーディングをする。

 

この方法を使えば自分が信じられるようになり成功へ導きます。

 

自分とのラポールのやり方

ラポールというのは2者間の信頼関係が築けている状態

と説明しましたが、自分とのラポールの取り方ってどうやってとるの?

という疑問が生じると思います。

 

自分とのラポールとは、「今までの自分と成功を手に入れる未来を描く自分

この2者間の間でラポール状態を取る事を言います。

 

この2者間でのラポールを取るには

今までの自分が作り上げてきた現状の自分が

未来を描く自分に向かい変化をさせる為に同意を得る必要があります。

 

人は変化をする事は危険と感じる生き物で、現状維持をしようと妨げようとしてきます。

 

今までの自分に対して

「変化する事は安全で楽しいよ」とメリットを伝えて変化すべきだと思わせ

その思いが現状維持をしようとする力を上回った時に人は行動を始め

上回り続けた時に成功に向けて行動をし続けます

 

このように現在と未来の自分の間でWIN -WINの関係を築けるようになる為には

2者間のラポール状態が必要とされています。

 

成功までのパターン

成功のパターンは大きく分けると大きく分けて2つあります。

  • インパクトの強さ×回数による変化
  • セルフイメージが変化する事で無理なく変われる時

の2つです。

 

自分の頭の中で内部対話を行いながら

頭の中の声をキャリブレーション(観察)して対話の変化を聞きます。

 

今までの内部対話ではとう言う対話をしているのか

その癖を見つけ出していけば意識して対話に変化を与える事ができます。

 

今までは「嫌だな、めんどくさいな

と思っていたところも変化を与える事で

今、ここでこれをやっておけば後々楽になるじゃん

とポジティブな発言を使って行けば結果が変わることもあります。

 

このように内部対話の傾向を変える事でセルフイメージにも影響が与えられます。

 

ラポールを取るには

ラポールを取る為にはペーシングをキャリブレーションが有効です。

現状の自分が、未来の自分とのラポール状態にある事が大事で

ラポールを取る為には相手と息を合わせるペーシングが有効です。

 

その後、未来の自分にリーディング(誘導)されて

お互いが協力しあい成功に向けて進みます。

 

ラポール状態を築いていくのには自分の脳内対話、内部対話のキャリブレーションが大事です。

 

どんな脳内会話をしてるのか?

ポジティブな発言、ネガティブな発言どちらが多いのか?

 

などを意識する所から始めて

ネガティブな発言が多かったら意識して発言内容を変えてみる

 

このように未来の自分とのラポール状態を築いてみた下さい。

 

 まとめ

成功するのには自分の事を信じる事が大事になります。

 

その為には、自分と自分とのラポールが重要になり

そのラポール状態を作るのに、内部対話のキャリブレーションをして

対話内容にに変化を与える事が成功への分岐点となります。

 

あとは現状の自分を未来の自分がリーディングして

協力し会えれば、成功へと向かいます。

 

成功に向けて自分の脳内会話をキャリブレーションして

ポジティブな発言を増やし、未来の自分とラポール状態を築いていけます。

 

未来の自分を信じラポール状態を維持し続けて

成功へと向かってみてはいかがでしょうか。

 

NLPやラポールのことをもっと知りたいと言う方はコチラから情報を受け取って下さい。

⇩   ⇩   ⇩

おすすめの記事