ニュープロでの学びが感情のコントロールが出来るのきっかけに

どうも、ヤスです。

今回は、ニュープロで学んだ事のアウトプットをしていこうと思います。

 

ポチくれたら喜びます♪


ブログライターランキング

 

人は多くの感情を持っています。

なかなか感情のコントロールが出来なくて

相手からの言葉や態度、モノや環境に対してイライラする事がある方もいると思います。

 

僕自身も、人とのコミュニケーションの中でイライラしたり

使っているモノに対して思い通りに行かず焦ったり

環境に対してなんで自分がと思う事もありました。

 

そんな僕でもニュープロを学んでから

少しずつですが気持ちの切り替えができるようになってきてます。

 

僕がどのようにして、感情のコントロールが出来るようになって来たのか

アウトプットしていきたいと思います。

自分を俯瞰で見る

感情のコントロールできる様になる第一歩が

自分自信を俯瞰で見れるようになって来たからです。

 

俯瞰で見れるようになれると、自分の事をコントロールできるようになります。

 

イラッとして頭に血が上ると怒りの感情が湧いてきて

コントロールが効かなくなってしまうことがあります。

 

そこで、一旦湧き上がって来た感情を受け入れてます

湧き上がってくす感情も自分なので、認めてあげて下さい。

 

自分の感情を認めて受け入れる

これができると気持ちが少し落ち着いてきます。

そうする事が自分を俯瞰で見れるようになるきっかけでした。

ニュープロのスキルを使い感情をコントロール

俯瞰で見れるようになっただけでも一つの進歩です。

でも、これだけでは湧き上がった感情のは抑えられません

そこで、ある方法を使い感情に変化を与えコントロールできる様にします。

 

僕がやっている方法としては、俯瞰で自分を見ることができたら

次は、頭の中でもう一人の自分が問いかけてきます。

「それでいいのか、それが成功者を目指す人のやることか」

などと言う声をもう一人の自分に投げかけます。

 

その声のおかげで、一旦自分を見つめ直す事ができ

先程よりもさらに少し冷静さを取り戻せるようになります。

 

ここでさらに感情に変化を与える為に、

ニュープロで習ったアンカリングを使い別の感情を呼び起こしたり

リフレーミングを使い今のこの環境を別のフレームに変える

という方法を使ったりする事で気持ちを切り替えが出来

感情がコントロールできるようになりました

まだまだ完全に気持ちを切り替えるのは難しいですが

この様な、感情の変化に気付けた事という学びはこの先大きな一歩になると思いました。

まとめ

誰にでもあるイラッとした経験

僕なりの方法で自分の感情のコントロール方法をお伝えしました。

  • イラッとした時の感情を俯瞰で見る
  • もう一人の自分と脳内で対話をする
  • ニュープロのアンカリング、リフレーミングを使う

このような流れで感情のコントロールができるようになります。

自分もまだまだ完璧ではないので、これからもっと精進して行きます。

感情コントロールが苦手な方も諦めずに自分と向き合って

今回紹介した僕の方法を試してみたり

新たに自分なりの感情コントロールの方法を探してみてもいいかもしれないですね。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

今回紹介したアンカリング、リフレーミング意外にも

ニュープロには沢山の人生を変える事が出来るスキルが学べます。

コチラから情報を受け取ってみて下さい。

⇩   ⇩   ⇩

 

おすすめの記事